NHK朝ドラ「なつぞら」山口智子の年齢は50歳

なつぞら
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」

朝ドラというのは年齢がわかりにくくて困る。

なつは、何歳だっけ?

咲太郎は?

山口智子は50歳。

次の日には、何年か進むことがよくあるからね。

そのたびに髪型とか白髪とか増やして、工夫はしているんだろうけど、同じ役者が一気にシワが増えるわけでもないので、定期的に年齢を言ってもらわないと、何歳だっけ?になってしまいます。

なつは何歳まで演じるんだろうなぁ?

そいえば、今日は、これ誰?と思ったのが、広瀬すずだった。。。

急にわかるとわからなくなる。

スポンサーリンク

ネットの感想

個人的に、あやみさんって東京編のNo.1キャラと思う。コメントも、あやみさんが好きだというものが多い。はじめはおどけたおでん屋のママ。なつにやたら派手な服を着せたがるおばちゃん。あやみさんへの見方が変わったのは、ちはる編から。なつと咲太郎にかける言葉の優しさが素晴らしかった。おんじがぶん殴った後の高山にかける言葉も、お疲れ様でした!の一言。人を傷つけないんだ、この人は。辛い人生を生きてきた。でも、咲太郎と共に乗り越えてきた、という自信がある。でも、それを人に求めない。なつが坂場のプロポーズに逡巡している時も、背中を押すだけ。派手な外見とは裏腹に繊細。人の気持ちや痛みが分かる。人からの施しを嫌う。自立を願う。そんな魅力的な人だね、あやみさんは。振り幅の大きな演技を求められるキャラ。それを演じられる山口智子は流石だと思う。プロデューサーも、山口智子に是非!となったのだろう。成功したね。

咲太郎君にとって亜矢美さんは本物の母親なのでしょうね。亜矢美さんにとってはニセモノの母親でも…。

亜矢美さんの気持ちを思うと切ないものがあるけれど。
でも咲太郎君のパートナーとしては、やはりマダムの方が良いと思います。

これ、明日が見逃せない。これさ~、あくまで予想なんだが。で、外れてほしいのだが。あやみさんは咲太郎となつの前から姿を消す、なんてことにはならないよね?そうならないことを祈る。あやみさんって、こんなことを考えそうではないか?これからも咲太郎は自分のことを気遣うだろう。ムーランルージュに変わる大きな親孝行をしてあげたい、そう考えて無理をする。それは光子のためにならない。咲太郎が新しい家族を持つためにならない。もともと咲太郎に生かしてもらったのは自分なのだから、咲太郎の結婚を気に、咲太郎のもとから、去る。
なんてことには、ならないよな?もし、万が一なったら、号泣もんだよ?これ。先週の結婚式編に続いて、神回だよ?これ。あやみさんには、こうした判断は絶対にしないでほしい。でも、あやみさんならやりかねない。その危うさがある。だから、あやみさんが大好きなキャラでもある。ここまで想起させる山口智子は流石!

カスミねぇさんの表情が気になりました、なんか言いたい様な心配そうな感じがしました!

咲太郎は亜矢美さんに、今まで育ててくれた恩返しがしたいのよね。この2人の場面、結構ほのぼのホッコリしました。なつや咲太郎、千遥や信哉の子供時代の子役達は可愛いかった。

わざと明るく振舞い、咲太郎に無理と分かっている注文を出す亜矢美さんは、もう心の中で別れを決意しているのでしょうね。
咲太郎の前ではいつまでも母ちゃんでいたかったのだろうと思います。戦地に散った年下の恋人の面影が咲太郎に重なって辛いのでしょう。
明日は千遥の時と同じような、悲しくも美しい別れになりそうですね。

亜矢美さんの気持ちは伝わりました。しんみりと泣けて来ましたね。なつの誕生日が8月15日というのはまたさらに感動的でもありますね。千遥の『おめでとう』のセリフにもうるうるさせられました。今日は、終始しんみりとさせられました。明日も見ないと。

お祝いの席で一人だけ、亜矢美さんを心配そうに見ていた煙かすみさんの顔が、この先の寂しい展開を予想できそう。
咲太郎の更なる努力が必要だよ。

久々に少年時代の咲太郎と信さん,子どもの頃のなっちゃんと千遥ちゃんが見れて嬉しかった。特に今までupであまり映らなかった千遥ちゃんがとても可愛いらしかった。

あやみさんは、男性として咲太郎が好きとかじゃなくて、孤独だったあやみの心の支えになっていた咲太郎が自立して、店の立ち退きも重なり、自分も旅立つかぁ、旅立たねば…、という心境なのかなぁと思いました。そこには自立した咲太郎の負担になりたくないとか寂しさもありますよね。誰かのために…って想いが生きる喜びにつながっていると思えば、ひとつの時代に区切りがつくんですもの。偽の親子とはいえ、親子以上の繋がりがあったんでしょうね。
…とドラマなのに真剣に思って切なくなってました。

ナツの北海道での結婚式に出席してなかったことに、なんでだろ。。と思ったけど、表に出ず控えめに振舞ってるんだね。本当の親みたいで感動します。

私も想像ですが、まず咲太郎がマダムとの結婚を風車に報告に行った時におめでとうをいう前にかなり申告な表情をした、また本屋の社長もそれだけはやめてくれ的なリアクションだった、風車でのお祝いの時、咲太郎があやみさんに先のことを任せろと行った時にカスミ姉さんが何かを言いたげだった!これだけ新宿の主要メンバーが言い出せない需要なことを隠しているように思われる!
それがムーランルージュにまつわる、またはあやみさんがダンサーをやめなくてはならない理由がマダムもしくは咲太郎にあるのかなと想像します。

みんな幸せになってほしい。

お盆のこの時期に、あの回想シーンは切ない。

マダムが40歳で亜矢美さんが50歳。
美魔女すぎる。

アヤミ姐さんには何とか幸せになってほしいね。故郷へ帰るってならないでほしいが。

亜矢美さん、なつの赤ちゃんを見るとか、一人でなく温かいストーリーにして欲しい

変わらない咲太郎と変わってしまったあやみさん。話し続ける咲太郎に必死で悟られないように明るく振る舞ったあやみさん。
ほんとはずっと変わらないでいたかったんでしょうね。咲太郎が鈍感でよかった。これからは本当の親子になれるんだろう。ムーランルージュの建設頑張ってあやみさんに親孝行して下さい。

訪ねると風車は閉店しており・・
っぽい流れが的中しませんように、、

幼いころは貧しく苦労の連続
しかし、努力や知恵で、成功出来る。

誰もが望むところだし、感動も同調もする。
でも、所詮絵にかいた餅。

NHKはもっと、現実に即したドラマを作るべき。
そもそも、公共の放送に、ドラマ無くてもいいし。

こんなに近い放送日の間に次々と結婚させるのはなぜなんだろう。
ここのところ、毎日誰かが結婚してる。
もう少し時期をずらせば良いのにと思った。
あと1ヶ月半もあるのに、「アニメーターになりたい」という夢を早々に叶えてしまったので、物語の方向はどこへ向かうのかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました