虎に翼

虎に翼

朝ドラ「虎に翼」ヒロインが打算的な結婚を選ぶという大胆な展開は伊藤沙莉さんだからできる技かも

『虎に翼』は、戦争の影響を受けながらも奮闘するヒロイン・寅子の物語です。ヒロインが打算的な結婚を選ぶという大胆な展開が見どころで、伊藤沙莉さんの演技が光ります。育児と仕事の間で葛藤する寅子の姿、夫・優三さんとの関係、そして戦争の現実が描かれ、視聴者を引き込みます。テーマやストーリー展開、キャストが優れており、次の放送が待ち遠しくなるドラマです。寅子の成長と彼女を取り巻く人々の物語に注目してください。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」優三さん、来週にはもう?寅子、未亡人?

優三(仲野太賀)からの提案を受け入れて婚約することにした寅子(伊藤沙莉)。直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)は驚くが、2人を祝福する。寅子は職場で雲野(塚地武雅)にも報告。弁護士としてはじめての仕事を引き受けることになった寅子は堂々たる法廷デビューを果たす。寅子は「紙切れ1枚でこんなに状況がよくなるなんて」とよね(土居志央梨)に語るが、よねは納得していない様子だった。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」優三さん、病院に行かないと?伏線?

寅子(伊藤沙莉)は、弁護士として社会的な信用を得るためにお見合いをさせてほしいと直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)に頭を下げる。一方、轟(戸塚純貴)とよね(土居志央梨)は花岡(岩田剛典)を呼び出し非難する。寅子の事情を理解したはるは、必ずいい人を見つける、と奔走するが、相手はなかなか見つからない。そんな中、気落ちする寅子を、優三(仲野太賀)が訪ねてくる。優三は寅子の見合い相手に立候補する。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」花岡悟(岩田剛典)、やっぱり女作ったか

連続テレビ小説「虎に翼」第33話。猪爪寅子(伊藤沙莉)と再会した花岡悟(岩田剛典)は、婚約者・小高奈津子(古畑奈和)を連れていて
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)、合格したが・・・

とうとう合格した寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)。そして寅子と合格者が3人も出たことで、廃部寸前だった明律大学女子部は息を吹き返す。初の女性弁護士誕生と新聞が大々的に報じ、大学では祝賀会が開かれることに。口述試験に落ちたよね(土居志央梨)は寅子のもとを訪れ、「いつか必ず合格してみせる」と寅子に約束する。祝賀会の席で寅子はスピーチを求められる。寅子は「男女関係ない社会を目指す」と演説する。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」香淑、涼子、梅子が次々と離脱って、急転直下過ぎる!

香淑(ハ・ヨンス)との思い出作りのため、海にやってきた寅子(伊藤沙莉)たち。一方、涼子(桜井ユキ)の元にも大きな問題が。父侑次郎(中村育二)が失踪し、家を継ぐためにやむなく涼子が婿を取ることになったという。試験はもう受けられないと言い出した...
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」崔香淑役のハ・ヨンス、メガネを取ったお顔も素敵なのに特高の行動が許せないよ

第27話は、昭和13年春、明律大学を卒業した寅子(伊藤沙莉)たち。寅子は雲野(塚地武雅)の法律事務所で働きながら高等試験合格を再び目指すことに。一方、竹もとで働きながら勉強を続けていた香淑(ハ・ヨンス)のもとに、特高がやってくる。兄・潤哲(...
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」共亜事件(帝人事件)太平洋戦争へと進んでいく?

昭和11年(1936年)に発生した「帝人事件」(ドラマでは「共亜事件」として描かれる)は、政財界の大物を含む16人が逮捕・起訴される事件で、政府への不信感が高まる中、斎藤実内閣が非難され総辞職に追い込まれた。斎藤実は五・一五事件後に首相となった海軍大将で、その後任として岡田啓介が着任するも、国家主義勢力の攻撃を受け二・二六事件後に辞任した。この二・二六事件では、陸軍青年将校が軍を率いて政府要人を襲撃し、天皇親政を目指す昭和維新を掲げたが、最終的に天皇の怒りを買い鎮圧された。これにより政治の実権は陸軍の統制派が握り、日本の国際関係は「日独防共協定」へと進展し、後に三国同盟へと発展する道を辿ることになる。この時代の日本は、国際的孤立を深めながらも、次第に太平洋戦争へと進んでいく。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」判決「判決を言い渡す…」逆転裁判です

共亜事件がいよいよ結審の日を迎え、裁判長の武井(平田広明)が「判決を言い渡す…」というシーンで終了。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」轟に続く?高橋努演じる新聞記者・竹中の評価が急上昇

23話。高橋努演じる新聞記者・竹中の評価が視聴者の間で急上昇。