2023-12

ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」昆夏美さんが李香蘭(りこうらん)という役で出演

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」の第14週「戦争とうた」では、ミュージカルで活躍する昆夏美さんが李香蘭(りこうらん)という役で出演されます。この週のエピソードは、物語において重要な役割を担っていると言えるでしょう。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」歌手・淡谷のり子の物語が茨田りつ子(菊地凛子)によってどう描かれるのか?

連続テレビ小説『ブギウギ』は、大阪で生まれ育った主人公・花田鈴子(演:趣里)が、戦後の日本を鮮やかに彩る一流のスター・福來スズ子へと成長していく物語です。このNHKの朝ドラでは、第13週の最終話が12月28日に放送され、その続きとして12月29日には前半の総集編が視聴者に届けられました。また、この放送の中で、新年からスタートする第14週の予告映像も公開され、視聴者の期待を高めました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」防空壕でスズ子(趣里)の歌う「アイレ可愛や」

スズ子が三鷹の自宅に帰った際、幸運にもその地域は空襲を免れており、愛助(水上恒司)とも安全に再開できた。坂口(黒田有)から、トミ(小雪)も無事であるとの知らせを受けるものの、東京や大阪の知人の安否は依然として不明のままであった。空襲警報が日常化する中、スズ子は地方への慰問活動に行くことになり、愛助と離れ離れになることを心配していた。 防空壕で避難中、泣いている赤ちゃんを落ち着かせるためにスズ子が歌を歌うと、周りの人々から感謝の言葉を受ける。愛助にも「こんな時代だからこそ歌を歌ってほしい」と懇願され、スズ子は慰問旅行への出発を決意する。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」東京大空襲なら終戦は間近?

27日にNHKで放映された連続ドラマ「ブギウギ」のエピソードでは、主人公スズ子(趣里)と仲間たちが京都で慰問公演をしている最中、東京は大規模な空襲に見舞われる。このシーンについて、インターネット上では、愛助はもとより、スズ子が東京でお世話になっていた下宿のチズご夫妻(ふせえり)、おでん屋の店主伝蔵(坂田聡)、梅丸の辛ぽん(安井順平)の安否を気遣うコメントが多く寄せられた。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」小雪とメッセンジャー黒田の演技が意外に上手い

NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」が26日に放送され、トミ(小雪)演じる愛助ママがメッセンジャー黒田(坂口)に強烈な口責を見せた。このシーンにネットも坂口も驚愕した。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」スズ子と愛助のキスシーンが盛り上がらなかった?

趣里さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ブギウギ」(月~土曜午前8時ほか)の第60回が12月22日に放送された。同回で、愛助(水上恒司さん)が9歳上のスズ子(趣里さん)を「スズ子」と呼び捨てにし、そこからお姫様抱っこ、キスを交わす展開があり、視聴者の注目が集まった。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」水上恒司、小雪の息子役に納得。松山ケンイチにも似てるって

俳優の水上恒司が23日放送のNHK「土スタ」にゲスト出演しました。 水上は現在放送中の朝の連続テレビ小説「ブギウギ」に出演しており、主人公スズ子(趣里)と交際している村山愛助役を演じています。番組では愛助の母トミを演じる女優・小雪のインタビューが放送され、小雪は水上について「ちょっと自分の息子に似てるんですね。息子が大きくなったらこういう感じになるのかな~って。(息子に似た)眼差しとか雰囲気とかをお持ちだなって感じましたね」と親近感を感じていました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」五木ヒロシさん、山下達郎さん、見てますか?

連続テレビ小説『ブギウギ』の第12週「あなたのスズ子」(第59回)が21日に放送され、趣里が主演を務める中、マネージャーの五木ひろき(村上新悟)が行方不明になりました。俳優の近藤芳正がマネージャー候補役で登場すると、ネット上では役名に対して「役名遊びすぎ」「モノマネ芸人さんかと…」などのツッコミが相次ぎました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」愛助(水上恒司)の登場で、スズ子(趣里) は・・・

俳優の趣里さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説「ブギウギ」の第51回が12月11日に放送されました。多くの声が寄せられ、地方巡業先で出会った1人の学生さんとスズ子の関係性に注目が集まりました。 第51回では、昭和18年、地方巡業を続けていた「福来スズ子とその楽団」の物語が描かれました。羽鳥善一(草?剛さん)が作曲した「アイレ可愛や」は人気曲として観客を盛り上げていました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」六郎の歌「大空の弟」から「アイレ可愛や」(意味わからんけど)

# 連続テレビ小説『ブギウギ』の第10週「大空の弟」(第50回)が8日に放送され、スズ子(趣里)が涙ながらに梅吉(柳葉敏郎)の決意を受け入れる姿が描かれました。この場面について、「私ももらい泣き」「梅吉さんも長生きしてよね」といった声がネット上で集まりました。