朝ドラ「ブギウギ」小雪とメッセンジャー黒田の演技が意外に上手い

ブギウギ

NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」が26日に放送され、トミ(小雪)演じる愛助ママがメッセンジャー黒田(坂口)に強烈な口責を見せた。このシーンにネットも坂口も驚愕した。

坂口がこの物語で重要な役割を担うとは思いもよらなかった。黒田さんの外見から敵役に決めつけていたが、実は愛助の恋愛を支える強力なキューピットだった。

愛助とスズ子の恋は試練に満ちている。しかし、その試練が彼らの愛をより強固なものにしていく。愛助の回復が見られれば素晴らしい。

小雪が演じるトミの存在感は、坂口の帰郷後も増す一方。坂口の人間味あふれるキャラクターが引き立ち、複雑な演出が光る。

小雪の演技力は、どんな役でもこなせるほどのもの。

朝ドラで吉本せいさんモデルの役を見ると、昔のドラマ「心はいつもラムネ色」を思い出す。凛とした美しさと儚げな強さで、周囲を惹きつける。

小雪のトミは美しく、圧倒的な強さを持ち、部下に厳しくも息子への愛情深さを見せる。小雪の演技がどう展開するか注目だ。

黒田さん演じる坂口が、スズ子への献身的な看病を通じて感情が変わるシーンは印象的。トミとの間で恋の橋渡し役になる展開は安心感をもたらす。

坂口はもともと嫌な人物に見えたが、実は人情味溢れる良い人だった。結核のテーマは切実で、父の病気を通しても感じる。

小雪の社長役は貫禄があり、母親としての厳しさと愛情が表現されている。彼女の演技には迫力がある。

小雪の怒りの演技は圧巻。坂口の心情も見事に表現されている。

彼女の演技は、村山トミというキャラクターの女帝としての迫力を見せつけるものだ。

トミ社長は理路整然とし、人情と義理を大切にする姿勢を見せる。その様子は感銘を受ける。

坂口がトミ社長に対して勇気を持って立ち向かう姿は印象的。彼女が恋愛をいつ認めるかが気になる。

小雪の変身は驚くほど。彼女の演技はEテレとはまるで違う迫力を持つ。

トミとツヤちゃんの母親対決も見どころの一つ。お互いの髪型の盛り上がりも見応えがある。

小雪の演技は、任侠映画を思わせる怖さ。普段とのギャップが際立つ。

昼の再放送で見る彼女の演技は、本当に恐ろしく、中毒性を感じる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました