2024-07

虎に翼

朝ドラ「虎に翼」航一(岡田将生)「ゆうべ…泣きましたか?」

娘の優未(竹澤咲子)から優三(仲野太賀)のことをもっと教えてほしいとせがまれた寅子(伊藤)は、何を話せばよいのか分からなくなった。胸が詰まってしまい、夜に布団のなかで一人泣いてしまった。  翌日出勤した寅子。航一(岡田将生)と話していると、航一はじっくりと寅子の顔を見つめて「ゆうべ…泣きましたか?」と指摘した。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」来週から岡田将生さんが再登場するようです

第16週「女やもめに花が咲く?」の予告では、新潟地家裁三条支部に赴任した寅子が、支部の職員や地元の弁護士・杉田太郎(高橋克実)らから歓迎を受ける姿が描かれ、新たな人物たちが続々登場。さらに「ご無沙汰しています」と言いながら判事・星航一(岡田将生)が再登場した。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」寅子と花江ちゃん、夫婦喧嘩やなぁ

新潟への異動を命じられた寅子(伊藤沙莉)。寅子は初めて家族との間に溝が出来ていることを自覚する。寅子は弟・直明(三山凌輝)から優未(竹澤咲子)がこれまで寅子に見せていた姿が本当の姿ではなかったことを知らされる。新潟には寅子だけが行くべきだという直明の言葉に、寅子は言い返すことができない。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」娘・優未(竹澤咲子)との関係が徐々に悪化。寅子には花江ちゃんが必要です

寅子が裁判官として成長する一方で、娘・優未(竹澤咲子)との関係が徐々に悪化していることが示唆されていた第14週。第15週「女房は山の神百石の位?」の予告映像では、花江(森田望智)が「トラちゃんが見ているのは、本当の優未じゃないの」と話すシーンがありました。また、「言いたいことがあるなら・・・」とつぶやく寅子に対して、「そういう態度よ!」と声を荒げる場面も描かれていました。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」穂高先生、寅子の怒りに困惑?ワタクシも困惑

栄二(中本ユリス)の心を開くことができずにいる中、寅子(伊藤沙莉)は穂高(小林薫)が最高裁判事を退任することを知らされます。桂場(松山ケンイチ)から手伝ってくれと言われ、うっかり引き受けてしまった寅子は、気まずい気持ちのまま退任記念の祝賀会に出席することになります。そこには桂場、久藤(沢村一樹)、多岐川(滝藤賢一)らが集まっており、寅子は穂高の言葉に真っ向から意見を述べます。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」航一の父、最高裁判所長官の星朋彦(平田満)が亡くなったけど、思い出がない件

寅子(伊藤沙莉)は休日返上で航一(岡田将生)と改稿作業に没頭した。すると一人の男性が「どうかね、順調かね」と部屋に現れた。航一の父で最高裁判所長官の星朋彦(平田満)だった。  その後改稿は無事に終わったが、ナレーションで「星長官は、本の出版前に亡くなりました。長年病と闘い続けていたことは、近しいわずかな人間しか知らされていませんでした」と、星の死去が伝えられた。