伊藤沙莉

虎に翼

朝ドラ「虎に翼」#俺たちの轟の花岡への愛情表現に称賛の声

寅子(伊藤沙莉)は花岡(岩田剛典)が違法な闇市の食べ物を拒否し栄養失調で亡くなったことに衝撃を受け、桂場(松山ケンイチ)は「泣くことではなく行動することが重要だ」と励ます。戦地から戻った轟(戸塚純貴)は、よね(土居志央梨)と再会し、新憲法について語り合う。よねは花岡の死について話を振り、轟は花岡への複雑な感情を吐露する。ネットでは轟の花岡への感情が恋愛や友情を超えた深い愛情であることに注目され、番組の丁寧な制作が称賛されました。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」発芽玄米こと小橋くん、新たに『失礼垂れ流し野郎』というあだ名を得る

NHK連続テレビ小説『虎に翼』第10週「女の知恵は鼻の先?」では、寅子(伊藤沙莉)が司法省の民法調査室で仕事を得る。しかし、そこにはかつての同級生で裁判官の小橋(名村辰)がいた。小橋は学生時代から寅子たちを侮辱し続けてきた嫌なやつだが、その特徴的な髪型から“発芽玄米”と呼ばれるなど、視聴者にとっては愛嬌のあるキャラクターとして描かれている。 名村辰の演技により、小橋の嫌味なセリフもどこか愛らしく感じられる。彼の存在は、ドラマの中で印象的なシーンを多く作り出している。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」伊勢志摩の存在感がハンパないっす

民法改正に向けた議論が描かれました。GHQ主導による改正に反対の声が多い中、寅子(伊藤沙莉)は幅広い意見を求めるため、婦人代議士たちの集まりに参加します。真っ先に発言したのは、伊勢志摩演じる立花幸恵でした。彼女はもじゃもじゃヘアに丸メガネという出で立ちで、「どうして男性は封建的な家父長制にしがみつきたいのかしら?」と問いかけ、民法改正に反対する声に異を唱えました。そして、「あなたもお偉い先生方にビシッと言っておやりなさいな!」と寅子に詰め寄り、寅子をタジタジとさせました。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」寅子、出産シーンはなし!よねさんの扱い、難しい・・・

第39話は、講演会で倒れてしまった佐田寅子(伊藤沙莉)。雲野六郎(塚地武雅)らは穂高重親(小林薫)から寅子の事情を聞き、今は育児専念の時だと諭した。寅子は山田よね(土居志央梨)が働くカフェー「燈台」へ。よねは町の法律相談を担っていた。寅子は妊娠を黙っていたことをわびるが、よねは背を向け…という展開。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」ヒロインが打算的な結婚を選ぶという大胆な展開は伊藤沙莉さんだからできる技かも

『虎に翼』は、戦争の影響を受けながらも奮闘するヒロイン・寅子の物語です。ヒロインが打算的な結婚を選ぶという大胆な展開が見どころで、伊藤沙莉さんの演技が光ります。育児と仕事の間で葛藤する寅子の姿、夫・優三さんとの関係、そして戦争の現実が描かれ、視聴者を引き込みます。テーマやストーリー展開、キャストが優れており、次の放送が待ち遠しくなるドラマです。寅子の成長と彼女を取り巻く人々の物語に注目してください。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)、合格したが・・・

とうとう合格した寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)。そして寅子と合格者が3人も出たことで、廃部寸前だった明律大学女子部は息を吹き返す。初の女性弁護士誕生と新聞が大々的に報じ、大学では祝賀会が開かれることに。口述試験に落ちたよね(土居志央梨)は寅子のもとを訪れ、「いつか必ず合格してみせる」と寅子に約束する。祝賀会の席で寅子はスピーチを求められる。寅子は「男女関係ない社会を目指す」と演説する。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」共亜事件(帝人事件)太平洋戦争へと進んでいく?

昭和11年(1936年)に発生した「帝人事件」(ドラマでは「共亜事件」として描かれる)は、政財界の大物を含む16人が逮捕・起訴される事件で、政府への不信感が高まる中、斎藤実内閣が非難され総辞職に追い込まれた。斎藤実は五・一五事件後に首相となった海軍大将で、その後任として岡田啓介が着任するも、国家主義勢力の攻撃を受け二・二六事件後に辞任した。この二・二六事件では、陸軍青年将校が軍を率いて政府要人を襲撃し、天皇親政を目指す昭和維新を掲げたが、最終的に天皇の怒りを買い鎮圧された。これにより政治の実権は陸軍の統制派が握り、日本の国際関係は「日独防共協定」へと進展し、後に三国同盟へと発展する道を辿ることになる。この時代の日本は、国際的孤立を深めながらも、次第に太平洋戦争へと進んでいく。
虎に翼

朝ドラ「虎に翼」判決「判決を言い渡す…」逆転裁判です

共亜事件がいよいよ結審の日を迎え、裁判長の武井(平田広明)が「判決を言い渡す…」というシーンで終了。
らんまん

朝ドラ「虎に翼」朝ドラにおけるタブー破り:生理描写が開く新たな対話

ヒロインの寅子(伊藤沙莉)が生理痛という描写があり、ネットも「見て来た朝ドラでは初?」などと話題となった。 非常に感動的で画期的なシーンだと感じました。これは、男性にはなかなか理解しにくい問題だからです。私自身、これまで女性の日に遭遇しても...