管理者

ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」山下さんの後任の新マネージャーは三浦獠太

長年にわたりスズ子のマネジャーとして活躍してきた山下は、村山興業のトップであるトミ社長がこの世を去ったことを機に、自らマネジャーを引退することを決意しました。スズ子は山下の決断に強く反対しましたが、山下は自分の役割が終わったと感じ、これからは新しい人材と共に進むべきだと強く主張しました。その後、山下は自らの後任となる男性をスズ子に紹介します。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」メガネ会計ババアの大野さんの過去が泣けた

大野さん(木野花)がスズ子(趣里)の自宅で家政婦を務めることになり、その過去には壮絶なエピソードが含まれていることが判明しました。インターネット上では、木野花さんが以前に出演された朝の連続テレビ小説「あまちゃん」での役どころ、メガネ会計ババアの役とその過去を重ね合わせ、感動の涙を流す方もいらっしゃるようです。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」木野花さんの家政婦、大野晶子。あまちゃん以来の朝ドラ

木野花さんが、大野晶子という家政婦の役で、青森県出身のキャラクターを演じています。木野さんにとっては、2013年の前期に放送された「あまちゃん」に出演して以来、約11年間ぶりになる朝の連続テレビ小説への出演となりました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」愛子ちゃんの子育てに苦労するスズ子

スズ子が自分自身で一生懸命努力していると感じていても、歌手としても役者としても中途半端な結果に終わってしまい、そのことで落ち込んでいる時に、タナケンから予期せぬ励ましの言葉が贈られた。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」スズ子の子連れ出勤はアグネス論争かな

愛子が怪我をしたために撮影の予定を変更せざるを得なくなったタナケン(生瀬勝久)は、謝りに来たスズ子(趣里)に対して、まっすぐな正論で自分の気持ちを伝えました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」笠置シヅ子さんは映画も多数出演してはるんですね

「東京ブギウギ」の大成功に続き、「ジャングル・ブギー」でも人気を博したスズ子(趣里)は、日々、仕事と育児に追われる忙しい生活を送っています。そんなある日、完全に健康を取り戻したタイ子(藤間爽子)が、スズ子の自宅を訪問します。タイ子は重大な決意を固めていたのです。一方で、スズ子には新たなチャンスが舞い込みます。彼女は、タナケン(生瀬勝久)が主演を務める映画の出演オファーを受けることになりました。スズ子は、まだ幼い愛子(小野美音)を撮影現場にも同伴しますが、そこで予期せぬ事件が発生してしまいます。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」趣里、笠置シヅ子の名曲「ジャングル・ブギー」を熱唱ですか?

スズ子(趣里)は、タイ子(藤間爽子)と語り合う。夢を叶えたスズ子と、どん底にいる自分を比べると惨めで恥ずかしいというタイ子だったが……。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」靴磨きの少年の母親は、タイ子ちゃん(藤間爽子)だった

スズ子がタイ子に声を掛けました。「タイ子ちゃん!タイ子ちゃんやないの!なんで!」と驚きを隠せずに言います。「お母ちゃんのお葬式以来やな。こんな近くにおったやなんて…」と、久しぶりの再会に感激している様子です。 しかし、タイ子は「どなた様でしょう」とまるで知らない人に対するような反応をします。スズ子は「なに言うてんねん、わてや、スズ子や」と焦りながらも、自分を思い出してほしいと強く訴えます。それにも関わらず、タイ子は怒りの表情でスズ子を睨みつけ、「帰っていただけますか?」と冷たく言い放ちます。スズ子は「無理したらアカン」とタイ子を落ち着かせようとしますが、「なんでや」と理由を尋ねても、タイ子は「スターさんには関係あらへん。施しを受ける気もありません」と言って、スズ子をそこから追い払ってしまいます。 タイ子の母が芸者であったこと、そして妾であったために、幼い頃のタイ子はしばしば「妾の子」と呼ばれて男の子たちからいじめられていました。しかし、スズ子はそんなタイ子の穏やかな性格をいつも愛していました。小学生の頃、スズ子はタイ子の恋愛を応援するあまり、度々お節介を焼いてしまうことがありましたが、それが原因でタイ子が振られるという悲しい出来事もありました。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」田中麗奈が演技派女優になっていた件

田中麗奈が演じる「ラクチョウ(有楽町)のおミネ」が初めて現れました。初めて会ったスズ子に向かって、「アタイらを甘く見たら承知しないよ!」という強い口調で言い放つ場面が描写されています。
ブギウギ

朝ドラ「ブギウギ」東京ブギウギは完成したが、タイ子ちゃん(藤間爽子)が!

スズ子は稽古に打ち込んでいましたが、愛子の面倒を見なければならないため、度々稽古を中止せざるを得なくなります。そんな時、りつ子(菊地凛子)が登場し、自ら愛子の面倒を見ると申し出ます。そしてついに、ショーの幕が上がります。スズ子は、「東京ブギウギ」という名曲を情熱を込めて歌い上げます。 そのショーが終わった後、スズ子とりつ子、そして山下(近藤芳正)は、靴磨きの少年である達彦(蒼昴)と出会います。一方、タイ子は彼らが達彦と交流する様子を隠れて見守っていました。