NHK朝ドラ「なつぞら」麻子さんのブラックジョークが素敵すぎて惚れてしまいます

なつぞら
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」

麻子さん、帰ってきましたねぇー!

イッキュウサンに、アニメーションで自分の首切ったって、ブラックジョークが素敵すぎます。

イッキュウさん、アニメーションに戻るんでしょうね。

ってことは、子育てどうするのさ?

いきあたりばったりだな。

草刈正雄は、やっぱり演技がうまい!

なつの妊娠を知ったときの言葉にならない演技、素晴らしい!

おんじ~!

あれは、今週、もう一回泣くな。

光子姉さんも素敵なお姉さんになって、

マダムから。。。それでいいの?とは思いますが。。。

スポンサーリンク

ネットの感想

安定した定職に就くべきか、
なつの出産後を支援するべく主夫(自宅執筆)をつづけるか、
坂場君にもアニメを作る自分の夢があったはず。
なつは自分の夢ばかり追うのではなく
二人ともうまくいくように考えてほしい。

麻子さん、アニメ界に復帰。
良かった。確か退社前の最後の作品「ヘンゼルとグレーテル」はお蔵入りしていたから…。作品に満足してイタリアへ旅立っていったのにあまりに気の毒でした。

富士子さんがなっちゃんの為に作った料理のレシピノート…。
たぶん、なっちゃんよりほぼ坂場さんが活用中。
いつも指を切っているけれど、それでもなっちゃんよりは手際が良さそうな感じがします。

週明け早々から麻子さんの復活ですね。
一久さんも主夫として子育てに全力投球宣言したところなので、アニメ制作に誘われても簡単にやりますとは言え無いところですですかね。
それでもきっとサラッと問題を乗り越えて、二人がアニメの仕事を続けながら子育てをする事になるのでしょうね。
現代と違って保育所等が充実してい無い時代だとしても、0歳児から預かってくれたと言うのは今と変わらない筈です。
ひょっとして昼間だけは茜さんが預かってくれると言うのも有るかも知れ無いですね。
現代では考え難いですが、人情が有った時代ですからねぇ。
何はともあれ今週は少し楽しみが出て来そうですね。

作画監督をやらなくちゃいけなくなったなんて言うなら引き受けなかったらよかったのに。そんな言い方はないだろ。

麻子さんが坂場へせっかく誘ってくれているにも関わらず、坂場はまだしも、なつがあまりいい顔していないのは・・・。坂場が定職に就くことで、出産後自らに育児負担がかかることで、自らの仕事に影響することを懸念しているのであれば、それはかなり自己中な話ではないか?最近特に、なつの自己中的なシーンが多いと感じてしまう。

東京来てから,なつに都合の良いようにしか流れていない感が半端なくて。。正直違和感だらけでお腹いっぱいになってきてます。。。最初は面白かったんだけどなぁ・・・残念でしかたないです。

妊娠初期の段階で職場や周りの方に報告しまくってたのに、北海道の家族への報告はまだだったんですね。
麻子さんが坂場さんをスカウトに来たけど、産後の育児(坂場さんが在宅ワークだからサポートできるという流れだと思ってました)は大丈夫なのかな?
少しモヤモヤしたけど、顎をプルプル震わせながらなつの妊娠の喜びを噛み締めていたじいちゃんが見れたのと、相変わらずの毒舌麻子節が聞けたので満足です。笑

坂場君は子育て問題での躊躇よりも、テレビ漫画だけの世界に行くことへの迷いが大きいのではないでしょうか。
半分、無職。である自分に贅沢は言えないけれど、やっぱりまだ長編漫画映画を作りたい気持ちがあるのではないでしょうか。

みんなが、おめでとうって言ってるんだからなつも笑顔で「ありがとう」って応えときゃいいのに、どうして、そうばかりでもない。みたいな反応するのかなぁ〜。

貫地谷さん出ると、停滞してたドラマに活力が生まれるような気がする。

朝ドラファンだけど広瀬すずファンではないです。他方、ヒロインは純粋に応援と思ってます。

ても、なつの個性も気も強いキャラはどうにも苦手。応援されるキャラなのかも知れないが、周りあっての自分なのに何か還元してかたのかな?

北海道の爺ちゃん、母さん、そして麻子さんが出た今朝、改めてこの方達の理解あってだよと思った。ドラマ的にも人間的にも。

同日放送「おしん」は居候先で、洗濯石鹸を使うのに、気を使う具体的な展開だった。
それぞれの立場では、気持ちが分かるだけにやるせない話となった。
これが現実の日常。
私たちは、抽象的な理想を並べて生活している訳ではない。
「なつぞら」の、うさんくささは、身体から生まれる会話ではない。広瀬すずの妊娠や退職、貫地谷しほりの転職は、すべて記号でしかない。
血や肉がないから、何とも感じない。
後は、宣伝で煽るだけだが、ここまでひどいと、隠しようもない。

麻子さん安定の美人さんです。
なんか顔を見たらホッとしました。

草刈正雄のセリフなしの演技、いいですね。朝ドラの視聴者はきちんとテレビと向き合って視る余裕のない人が多いので、それを意識して、演出も苦労されると思いますが、やはりこういう場面も時々欲しいですね。「えっ?」という返しゼリフのやたらに多いドラマなので、特に印象的です。

昭和30年代の頃を描いているはずなのに、
現代的な理解のある仲間と職場。

現代劇なら納得なんだけれど。

妊娠の報告を否そうに報告しているのは演出か。
みんなおめでとうといってくれているのに失礼だろう。

今日の朝ドラ受け。
男性アナの
「15分でお腹大きくなるんだなぁ」
拍手。なかなかの受けですな。同感です。

華丸さんの
「亜矢美さんがいなくなってから、なつの服が地味になった」
男性アナに負けてられないな、と頑張ったコメ。
拍手拍手。流石、華丸さん。

妊娠3ヶ月であんなに回りに言って大丈夫か?と心配になった。

まこさんの登場で仕事道路育児で大混乱必至!さぁ関根勤さん!お孫さんの面倒お願いします。ってならないかな!あのまま夫婦が一日限りの出演は無いと思うのですが……

麻子さん、まさしく「アニメ婆ばあ」の再登場で、鬼太郎に出て来る仲間の妖怪みたいな名脇役です。
あと藤子アニメ(?)ですが、「バケモノくん」の声優陣をなつのお兄さんのプロダクションが請け負うとかで、元ネタは「怪物くん」のTV漫画版モノクロの第一作です。今日では再放送が不可とか言われるが、それは白黒作品だからであって、内容に封印の要素はないでしょう。同作品のタイトルバックで、怪物くんの右手首上からがアップになるが、当時のアニメ作画は4本指なので、このような4つ指が封印される要因と唱える向きもありますが、そこまでは関係ないでしょう。何故なら、当時の他のTVアニメも4つ指が基本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました