朝ドラ「ブギウギ」スズ子が喜劇王・タナケン(生瀬勝久演)と舞台演出

ブギウギ

笠置シヅ子は、その鮮烈な「東京ブギウギ」や「買い物ブギー」などのヒット曲により「スウィングの女王」として名を馳せた歌手でありながら、俳優としての顔も持つ多才な芸術家でした。

昭和時代は、人気アイドルがバラエティ番組に出演し、コメディアンと共演して面白おかしいパフォーマンスを見せることが多くありました。

ミュージシャンや歌手が演技やコントを見事にこなす理由は、リズム感が良いこと、芝居のタイミングが巧みであること、またバンドでの経験からくる即興性が、役作りや舞台上の関係性を生み出す上で役立っていると考えられています。

NHKの連続テレビ小説『ブギウギ』の第16週「ワテはワテだす」で、スズ子が喜劇王・タナケン(生瀬勝久演)の舞台に挑戦するエピソードがあります。彼女は演技に乗り気ではなく、実際に演じてみるとタイミングがずれ、共演者たちにもストレスを与えてしまいます。タナケンも手を差し伸べず、困惑するスズ子ですが、最終的には自らのスタイルで大阪弁を取り入れ、タナケンに認められます。

榎本智恵子さんは、声優としての知名度が高い一方で、若い頃には女優としても活躍していました。彼女は、紺野美沙子さんが主役を務めた朝の連続テレビ小説「虹を織る」にも出演経験があります。私が少年の頃、彼女の父であるエノケンさんはすでに亡くなっていましたが、彼の影響はテレビやCMを通じて今も残っています。たとえば、ビールのCMでは「洒落男」として彼が描かれ、死後に制作された「スチュワーデス物語」では、彼の影響を受けた替え歌が歌われました。

福来すず子は、自然体の魅力で人々を引きつける能力がありました。彼女の歌には特別な力があると感じられ、多くの才能ある歌手たちがいる中でも、すず子のステージを見たがる人が多かったのです。彼女に憧れる人々は、彼女のそばにいるだけで彼女になったような気分になれたと言います。しかし、彼女と離れる際には、小夜が理由を話さずに去っていったことが記憶に残ります。小夜はアメリカに行き、新しい人生を始めることを決めました。すず子は生まれながらのスターで、歌手としてのキャリアを続けるために、愛助との結婚の条件を受け入れました。

趣里さんは、役者としての演技力を存分に発揮し、大スターへの道を歩み始めています。彼女の演技には魂が宿っており、シリアスな場面でもユーモラスな場面でも、独特の表現力が感じられます。彼女はもはや親の七光りという状態を完全に脱しています。

初めて役者としての挑戦をするスズ子は、不安を抱えながらも、タナケンからのアドバイスを求めていました。彼は素っ気ない返事しかしなかったものの、スズ子は開き直って大阪弁での演技に挑戦し、タナケンもその演技を高く評価しました。スズ子は歌と踊りに加えて、役者としても新たな境地を開拓しました。小夜との別れは、親が子を送り出すような感動的なシーンでした。別れがあれば出会いもあり、喜怒哀楽に満ちた放送でした。次週は、愛助との別れの予感が漂い、どんな展開が待っているのでしょうか。

小夜ちゃんのキャラクターは、最初は苦手だと感じる人もいましたが、彼女の存在がストーリー上重要であることがわかりました。彼女の幸せを祈るファンも多く、アメリカでの新生活が楽しみです。

スズ子が歌手でありながら喜劇の舞台に立ったことは、後のアイドル歌手たちに影響を与えました。キャンディーズの「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」でのコントも、スズ子の影響を受けたと言えるでしょう。

笠置シヅ子の「ジャングル・ブギ」のパフォーマンスは圧倒的な魅力がありました。黒澤明監督の「酔いどれ天使」での彼女の歌声や、服部良一の曲、当時のクラブの雰囲気は忘れられないものです。

1960年代から70年代のホームドラマでは、東京の大家族が舞台で、病院を経営したり、父親が社長だったりする設定が多く見られました。母親は専業主婦で、東北出身の若い女性がお手伝いとして登場し、家族のエピソードに絡んでいました。これらのドラマは、日本の家族の変容を反映していました。小夜のキャラクターも、この伝統の延長線上にあると感じられます。

趣里さん演じる福来スズ子のファンは多く、彼女の次のステージが楽しみです。しかし、記事に登場する音楽と俳優業を兼ね備えた人選には、いくつか疑問があります。昭和時代のドリフのコントや山口百恵さんの活躍など、過去の例を挙げることもできますが、ライターの視点や年齢が不明であるため、読み進めるのが難しい場合もあります。

小夜ちゃんの幸せを願い、彼女のアメリカでの新生活に対する懸念もあります。有吉佐和子の小説『非色』は、戦争花嫁の話であり、小夜ちゃんの物語と共通点があります。

笠置シヅ子はアメリカでの公演も行っており、スズ子がアメリカへ行けば小夜ちゃんとの再会があるかもしれません。これはパンパンと呼ばれた女性たちとの対比を描くドラマの中での期待される展開です。

伊集院光のラジオで放送された笠置シヅ子さんの紅白の大トリ録音は印象的でした。紅組の火酒が総出で、ソウル・レビューのようなミュージカルショーを彷彿とさせるパフォーマンスでした。

笠置シズ子は、のど自慢の審査員としての晩年を思い出します。彼女のリアルタイムでのパフォーマンスは見られませんでしたが、ドラマを通じてその魅力が十分に伝わってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました