朝ドラ「ブギウギ」箱根旅行が、愛助とスズ子の新婚旅行と最後の旅行に?

ブギウギ

24日にNHKで放映された連続テレビ小説「ブギウギ」の中で、病気が安定した愛助(水上恒司)が大阪に帰る前、スズ子(趣里)に箱根への旅行への誘いをかける場面がありました。この展開に対して、インターネット上では心配の声が多く聞かれました。

愛助さんは、「自分の体のことは自分が一番よく知っている」という言葉を口にしていましたね。彼のように慢性病を抱える人の心理を理解するのは難しいですが、彼は自分の命が長くないことを悟っていたのかもしれません。

実際の社会でも、人生の最後を迎えると感じた時に旅行に出かける方は少なくありません。もし自分の身内が同じ状況になったら、心の中では旅行に反対するかもしれませんが、寛大な心を持ちたいと思います。

歴史上の重要な出来事は変わらないと思いますが、これまでにも細部を省略したり変更したりしてきました。重要なのは、その時点で当事者たちは重大な事実を知らずに、精一杯生きていたということです。

このエピソードについて言えば、史実では愛助さんが大阪にいて、風邪を装って東京に戻れない理由にしていましたが、ドラマでは東京にいる間から結核の症状が出ています。史実では結婚を認めないという強い姿勢だったのが、ドラマでは歌手を辞める代わりに結婚を認めるなど、より寛容な内容になっています。ドラマ全体としては、非常に巧みな展開になっています。

まだ2か月も残っているので、詳細は明かされていない部分もあり、創作される要素もあるでしょう。過度に煽らずに、脚本家の腕前に期待したいです。

おはぎを作るというと、重箱いっぱいにたくさん作るイメージがありますが、必要な材料を集めて一つだけ作る姿は、愛情のこもった手間暇を感じさせます。今は何でもいつでも手に入る世の中ですが、そのおはぎほど心に残る差し入れはないと思います。

朝のドラマの特性上、あまりにも悲しい展開にはならないでしょうから、箱根旅行のようなあり得ないシーンが挿入されることもあるかもしれません。それが、笠置さん自身には叶わなかった夢への手向けになるかもしれません。

今朝は朝ドラ「カーネーション」のお父さん役、小林薫さんが登場し、ヤケド治療後の温泉旅行のシーンが印象的でした。幸せが長く続くことを願うばかりです。

ドラマの脚本は史実と異なる展開ですね。連続ドラマの流れを考えると、愛助さんが大阪に戻る途中で箱根に宿泊し、その後離ればなれになり、愛助さんの病状が悪化し、スズ子さんが彼の死後に子どもを産む展開になるでしょう。

病院で大阪への移動が可能と確認した後に箱根へ向かう計画ですが、心配が残ります。「この病気のことはわかっている」という不安な予感。愛助さんをはじめ、坂口さんや山下さん、スズ子さんも、常にお互いを気遣いながら最善の道を模索しています。しかし、現時点ではトミさんにはその思いが伝わっていないようです。そして二人が決断を下した後、愛助さんが亡くなれば、スズ子さんの苦しみが始まるでしょう。箱根で子どもが授かるかどうかも気になります。

Wikipediaによると、二人の箱根旅行は史実ですが、時期は異なるようです。箱根は東海道本線の東京大阪間から外れており、大阪の吉本家が箱根を定宿にしていたという記述もありますが、それは有馬温泉の方がより適しているかもしれません。エイスケさんが大阪に戻る際、シヅ子さんが琵琶湖まで同行したことは、当時としては長旅であり、彼を優先していたことが伺えます。

ドラマの序盤の展開の速さを見ると、愛助さんが早めに退場するのではないかと思っていましたが、意外にも長い間一緒にいるため、別れが非常に辛いです。

鈴子と愛助はまだ結婚していませんが、箱根旅行が「新婚旅行」になるかもしれません。それが二人にとって最初で最後の旅行にならないことを願います。旅行中に愛助が体調を崩した場合、トミの鈴子への怒りが爆発するでしょう。何事もなく無事に過ごせることを祈ります。

箱根は当時から保養地として知られていましたので、創作の要素であっても十分あり得る設定です。それが二人の結ばれるきっかけとして、スズ子の妊娠へとつながる展開は良いと思います。

元気になったらまたこき使ってもらうという坂口支社長のエールは、ボンにとって心強いものでしょう。残された時間を有意義に過ごしてほしいですね。

「箱根まで送ってくれへんか?」と愛助さんが誘う箱根での一泊旅行。スズ子の涙ぐむ姿に感動します。ラストシーンは切ないですが、それが最高のラブシーンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました