朝ドラ「ブギウギ」どうなる愛助!再び喀血、結核の再発ですね

ブギウギ

スズ子(趣里)は、愛助(水上恒司)との結婚を控え、自分の歌手としてのキャリアを諦めようかと考えていました。一方で、愛助はスズ子が歌手として活躍し続けるため、自らが村山興業を辞めることを提案します。二人の悩みを知った坂口(黒田有)は、彼らに冷静になってよく考えるようにアドバイスをします。スズ子は自分の将来について、結婚を優先すべきか、それとも歌手としての道を選ぶべきか、悩み続けます。そんな中、羽鳥善一(草なぎ剛)が突然スズ子の家を訪れ、「歌手として続けてほしい」という想いを伝えます。さらに彼は、ジャズを取り入れたミュージカル「ジャズカルメン」の計画をスズ子に語ります。これに心動かされたスズ子は「やはり歌いたい」と決心し、愛助も彼女の決意を支持し、彼の母トミ(小雪)を説得することを決めます。しかし、その直後、愛助は突然吐血してしまいます。

羽鳥先生がスズ子の家を訪れた際、まるで草彅さんのような独り言を言いながら、一気に話を進める様子は見ていて驚きました。その勢いに、スズ子自身も圧倒されている様子でしたね。
愛助さんがやや遅れて登場し、羽鳥先生と初めての挨拶を交わした後、二人はスズ子への愛情を語り合い、その熱量はますます高まりました。どちらがスズ子の最大のファンかを競うシーンでは、思わず笑ってしまいました。
やがて、山下さんや坂口さんも加わり、スズ子の家は「チーム・スズ子(ボン)」でいっぱいに。これからの計画を立てようとした矢先、愛助さんの病気が再発し、希望と絶望が交錯する展開となりました。

ジイさんの「村山が変わればいい」や「ボンが社長と話すべきだ」という言葉には、経営の多様性を感じます。成功のモデルに固執するのはよくないことですよね。そして、自分の未来については自分で話すべきです。でも、こんな大変な時にそのような発言をするとは、本当に大変です!
今回の「ほんまに殺されるわ」「キートンやら何やら、もういいわ」といったセリフは、まるで吉本新喜劇のよう。楽しいけれど、週末はハンカチが必要かもしれませんね。

愛助さんにストレプトマイシンが間に合わなかったことは、非常に残念です。森光子さんのように間に合っていれば、日本の芸能界はもっと発展していたかもしれません。

羽鳥先生のいつもとは違うテンションの高さは、面白いけれども、愛助さんに初めて会えたことで、状況は一変しました。世の中、思い通りにならないものですね。スズ子さんは気を失ってしまい、万事休すという状況になってしまうのでしょうか?

そこにいた5人の気持ちが一つになった瞬間、その展開は言葉にできないものがありました。ブギウギの初回にスズ子が赤ん坊を抱いていたシーンを思い出します。これからも覚悟が必要になるかもしれませんね。

わずか15分の間にこれほど多くの内容を詰め込んだドラマは、見ている間、息苦しさを感じるほどです。

金曜日の放送は、涙なしには見られないでしょう。

これまでのドラマで見てきた結核による吐血という展開は、当時の医学ではどうにもならなかったのでしょうか?

朝ドラ「ブギウギ」が史実に基づいているとすれば、愛助の運命は予測がつきますね。

栄養をつけて元気になるべきですが、食料不足でそれができなかったのですね。様々な要因が重なっての病気で、本当に悔しいです。

「病は気から」と言われていますが、実際にこのような状況がストレスとなって、病気が悪化していったのでしょうか?

福来君、羽鳥先生が来ましたね(笑)。草彅さん演じるこの方が登場すると、何だか安心します。

ブギウギは本当に楽しく見ています。ただ、吐血ではなく、喀血ですね。細かいことですが大切なポイントです。

社長を説得できるのは愛助しかいないという時に、まさかの喀血!スズ子が失神してしまった後、どうなるのでしょう?

朝ドラ「ブギウギ」の愛助が再び喀血するラストシーンには、ネットでも悲鳴が上がりました。

喀血は肺からの出血で、吐血は胃からの出血ですね。その違いを覚えておくといいでしょう。

スズ子が歌手を辞めるということはないでしょう。吉本興業は、タイムマシンでストレプトマイシンを持ってきて、ボンのために専門医を派遣すべきです。何もしなければ、社長も危険ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました