NHK朝ドラ「なつぞら」天陽くん、天国へ。結局、病名は?

なつぞら
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」

予告通り、天陽くん、旅立ちました。

天陽くんは、自分で退院できないとわかったんだろうね。

家で最期を迎えたかったということか。

結局、天陽くんの病気は何だったのだろう?

どうでもいいことのように思うが、大事なところを説明してくれないね。このドラマは。

いきなり入院で、亡くなってしまうのは、天陽くんが可愛そうで。。。

遺作となった馬の絵は、どうしても最後にかきあげたかったんでしょう。

やっぱり、舞台が北海道だといいわ。

東京は、なんだか寂しい。

スポンサーリンク

ネットの感想

十勝で、それこそ「開拓精神」で酪農を続けて、生き別れになった兄妹の事で東京を絡めるストーリーにしたほうがよいドラマになったのではないかと…
その方が広瀬すずさんの女優としての幅みたいなものも広がったかもしれないのに。
出足の十勝編は凄い良かったのに、「アニメーター」が出てきてから雲行きが怪しくなり、東京にいる出てきたら全然違うドラマになってしまった気がします。
広瀬さんも、せっかくの朝ドラヒロインだったのに、綺麗な衣装を着てチヤホヤされる「可愛い広瀬すず」だけが前面に出てしまった感じで、なんとももったいなかったと思う。

不思議な事にこのドラマは、舞台が北海道になると現実感が出て来るように思います。

泰樹さんは初めの頃は声が大きかった。年々声が細くなっている。もう、夕見子ちゃんの恋人を殴り飛ばした体力はないのでしょう(それにしても、あの高山さんは中々のインパクトある棒でした)。

天陽君はもういない。この現実感が本当に寂しい。

なつが言った「可愛がられることに慣れてる」にはドン引きしました。
やはり自分が周りから可愛がられてる自覚はあったんですね。
女王様になるのは当然だわ。

もう、なつどうでも良くなって来た。

今日の天陽くんの演技は素晴らしかった。
女性からだけでなく、男性からも好感を持たれる俳優さんは本当にかっこいい!

ただ、ヒロインがひどすぎた…
広瀬すずじゃなかったら、脚本めちゃくちゃでも、まだ共感できるドラマになっていたのかもしれないね〜。

彼女には心がない。あの目を見開いて硬直するワンパターンな驚き方しかできないのかな。訃報を知った時の反応もいつもと一緒なのね。

優ちゃんとの接し方にも思いやりがないから、年の離れた姉妹どころか、遠い従兄のようにすら見える。
彼女は演技力で評価されているらしいけど、分からない。

やっちゃんが
アトリエから出ていく天陽くんを不安そうに見送る場面で、すでに画面が滲みました…
おんじが老けていて、当たり前なんだけど
これにもグッときました

結構あっさり亡くなってしまった天陽君だけど
吉沢亮さんの演技が凄くて短いけど印象に残るシーンでした。

広瀬すずさん決して演技が下手とはいわないが
他の一流の人たちと比べてしまうと見劣りする。

色々な感情を表すような表現ができないで
いつも単一的で驚くなら驚くだけ怒るのも怒るだけ
しかもワンパターン。
例えば驚きの中に色々な感情を混ぜるとかそういうことができない。
いや、できるのかもしれないけど
なつぞらではしていない。

なんか、優ちゃんと親子って感じもしないんだよね。
正に脚本通りの親子ですという感じで実際の親って感じはない。

雪次郎の芝居やるやらないや、蘭子さんとのドタバタにあんなに時間をかけたのに、今日なつが柴田家のお母さんに、このまま仕事やめてもいいかな、、と話してたけど、それに至るまでに葛藤見えた人いるのかな??時代考証ゼロの髪型服装化粧だし、本人もだけどそうさせる周りもどうだか。まんぷくの福ちゃんの時代感ばっちりの身なりなどなど見習ってほしいわ!!
北海道編だけよかったなぁ〜

天陽君の訃報を知らされた時のなつの表情には呆れた。
あのいつも通りの無表情はとても演じている様には見えなかった。
久しぶりの北海道…
出迎えた家族の表情はそれぞれが素晴らしかったけどなつは子役の優ちゃん以下の強張った表情のまま。
感情のない蝋人形みたいだった。
沙羅さんの豊かな表情を観てその演者の差は歴然だった。

天陽の最期が最近のドラマっぽくないくらい
美しい描写だった。
倒れた天陽を発見する家族のシーンとか
そういうのがなく夢のように消える。
あれはあれで良い。

画家って、命を削って絵を描くし
殆どの場合は不遇の人生をおくる。
そういう意味では、天陽は画家らしい人生を全うした。
恋した人と結ばれるよりもそちらを選んだ。
立派だったと思う

天陽くんにさよならを。

退院が近いと言うのは完治したからだけでは無く、最後は自宅でと言う配慮との二通り有るのを忘れていました。
自分の寿命を悟った天陽君が、心残りにならない様にアトリエの絵を完成させたと言う事ですね。
子供達を除いた家族は知っていたと言う事になりますが、東京のお兄さんには教えていなかったのですね。
それにしても、なつ達が線香を上げに訪れた天陽君の家は以前と特別変わり無く、画家とは売れっ子に成ってもさしてお金には成ら無い職業なんですね。

広瀬すずって演技が下手だったんですね。
こんなに酷いと思わなかった。

なつ、もう、あーゆー人として思うしかないんだろうな。肉親が訃報を知らせに来てるのにあの言い方…。ないわ。
感情を表現できない人、思いやりを口にできない人、そう思わないと周りは傷つけられる。
朝ドラのヒロインとして、視聴者に伝わりにくい。

週始めから天陽君亡くなっちゃったけど、今週はなつが自分の原点に帰る再生がテーマだと思うので、天陽君の死がどのようになつに影響を与えるのかを見ていきたいと思います。

天陽くんと、すっかり忘れてたお兄ちゃんは
ただのビジュアル担当だよね。
扱いが雑すぎる。

天陽君は来週には退院出来るのは聞いてたけど自分の中では長くない事を察していたのだろうか。子供達にも最後会えたし、昨日の靖枝さんとのシーンも良かった。病室で逝くのではなく牧場で最後が遂げられたのは天陽君にとっては良かったのかな。と、思いました。

泰樹さんも「おじいちゃんも年取ったな~」感が出てて良かった。やっぱり北海道のシーンはいい。
朝ドラはヒロインは老けさせる事はできないんだろうね。なつだけが違和感出てくる。北海道のシーンになっても、なつだけ違和感になっちゃった。

山田家どうなっちゃうんだろう。なっちゃんの進路より天陽くん退場後の残された家族の方が心配です。

多分、来週以降は天陽くんなどすっかり忘れてる。

自分だったら幼馴染でも旦那のアトリエに女の肖像画があったら結婚していても嫌だな。

天陽くんが亡くなって受け止められない気持ちもわかりますが、やはりなつはお葬式には行くべきでした。きちんと最後のお別れを言うべきでした。今までのお礼も言うべきでした。
十勝に帰るのが遅すぎです。仕事のせいにはしてほしくないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました