朝ドラ「ブギウギ」子役の澤井梨丘が趣里にそっくりすぎる理由とは

ブギウギ

新しいNHK連続テレビ小説「ブギウギ」が2日、スタートしました。戦後にブギの女王と呼ばれ、日本に明るさを呼び込んだ笠置シヅ子をモデルとした物語で、この日はヒロインの鈴子(趣里)の子供時代が描かれました。鈴子の子供時代を演じたのは澤井梨丘(さわい・りおか)で、趣里にそっくりな容貌にネット上でも驚きの声が上がりました。

この日の「ブギウギ」は、シングルマザーでありながら既にスターとなった鈴子の圧巻のショーから始まり、そこから時間が遡って子供時代が描かれます。

銭湯の娘として生まれた鈴子は、勉強は苦手ですが歌うことが大好きで、銭湯でも毎日歌声を披露しています。彼女の父であり、映画とお酒が大好きな道楽者の梅吉(柳葉敏郎)と、いつも父の横にいる母のツヤ(水川あさみ)、そしてのんびり屋の弟の六郎という明るいキャラクターがたくさんの客に愛されています。

前作『らんまん』の格調高く静かな雰囲気とは一転して、新作『ブギウギ』は鮮やかで賑やかな朝ドラになりそうですね。『らんまん』とは異なる魅力があり、また楽しみです。(^^)

子役の澤井梨丘さんは本当に歌が上手です!伸びやかな歌声も素晴らしいですね。(個人的には、毎田暖乃さんに雰囲気が似ているな~と思いながら見ていました)

このドラマのテーマから推測すると、容姿よりも実力を重視して、”歌って踊れるか”がキャスティングの理由だと思います。その実力に期待しています。

他の出演者も、歌って踊れる俳優ばかりです(おそらくエキストラの方々も)。また、柳葉さんや草薙さんの踊りも久々に見られたらいいなあ。

今朝、観ました!子役の女の子が趣里ちゃんにそっくりで、私もびっくりしました。笑顔がとても可愛くて、見ていると思わず一緒に笑顔になりました。朝から元気をもらえるドラマの予感がします。楽しみに観ます。

明るくて朝からブギウギしていて面白そうです。一瞬、朝ドラ「おちょやん」に出ていた子役の毎田暖乃ちゃんかと思いました。澤井梨丘ちゃん、子役頑張ってね。

趣里にそっくりって事は目が(以下自主規制)

それより、オープニングが不気味だと思いました。歌はいいけど、センターの笠木さんモデルと思われる人形が「SAW」てサスペンスホラー映画のからくり人形みたいで何か怖かったです。

廃墟となった東京や生活の苦しさ、そしてまだアーニーパイル劇場時代の日劇にいる米軍兵士たちと共に観客が感動する光景。それを知りながら、これを観ると感動が込み上げてくる。今の日本は何としても守らなければならない。

申し訳ありません。主演女優の趣里さんが子役も演じているのかと、メイク技術の素晴らしさに驚いていました(笑)。本当に本人にそっくりですね!

朝ドラの子役は本当にすごいですね。容姿が似ているだけでなく、セリフも見事に演じ、歌も上手です。

確かに似ていて驚きました。このドラマは関西制作のドタバタした雰囲気になりそうですね。

さらに、若者たちの中で「えっ、この曲ってクリアアサヒのCMに似てない?!」という声が続出しているようです。しかし、実際はこちらがオリジナルの曲ですよ!

もし子役が趣里さんにそっくりなら、ドラマの晩年のヒロイン役には笠置シズ子にそっくりな笑福亭鶴瓶が演じると面白いだろう。

主役の子役は表情も良く、歌も上手で、よく見つけられたな〜。

子供の頃のCMではもうおばさんだった。石鹸のCMだったかなあ?

本当に似ていました。

関西弁はあまり好きではありません。あさイチのコメントも何か微妙な雰囲気でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました