朝ドラ「ブギウギ」トミ(小雪)が愛子を奪いにくるぞ!

ブギウギ

愛子を出産してから3ヶ月が経過し、スズ子(趣里)は育児に追われる日々を送っていました。そのような時期に、トミ(小雪)がスズ子のもとを訪れることになります。トミは愛子を自分が引き取りたいと願い出てきたのです。この状況の中で、スズ子は愛子の将来のためにも再び歌手活動を再開しようと決意します。そこで、羽鳥善一(草彅剛)に新しい曲の制作を依頼することに。この新曲は人々に喜びと勇気を与え、生きる力を激励することになり、「東京ブギウギ」という歴史に残る名曲が誕生します。この曲は日本全国に元気と興奮をもたらすことになるのです。

セイさんが亡くなった後の吉本興業の歴史を私たちは知っています。そのため、笠置さんが娘さんを引き取ったままで良かったと感じています。しかし、周囲の人たちは娘さんが吉本家に入れば幸せになれると言っていたかもしれません。

現代では、自分の子供であるからこそ自然だと思うことが多いですが、当時の状況は異なりました。特に、母子二人だけで生きていくことは、今よりもずっと困難でした。笠置さんは芸能界で成功を収めていたため、一般の人々とは異なる状況にありましたが、その決断は賢明であったと言えるでしょう。

トミさんも、愛助さんからの最後の手紙「スズ子さん、辛いことがあれば歌ってください。そして、今、スズ子さんの横で微笑んでいる赤ちゃんを見てください。その子は私たちの宝物です。本当に申し訳ありません」を読んだことでしょう。トミさんが自分の息子の最後の願いにどう思っているか、それがスズ子さんのもとへ行くまでに3ヶ月もかかった理由の一つかもしれません。明日の放送が待ち遠しいです。

赤ちゃんの育児は本当に大変で、一人で育てるのは想像以上に難しいでしょう。しかし、母親の強さは計り知れません。このような時に、小夜ちゃんが側にいてくれたらどんなに良かったか。来週はついに「東京ブギウギ」が始まります。その中で、「メガネ会計ババア」が登場するという噂もありますが、それが本当かどうかはまだ分かりません。終盤に向けて楽しみな要素が多く、目が離せない状況です。

もし東京で療養していたら、もっと早く回復していたかもしれませんが、今となってはそれも難しい話です。

女性一人で子育てをするのは困難だと考えられがちですが、スズ子はその困難に立ち向かう強さを持っています。彼女は実母としてどのように描かれるのでしょうか。子育てと仕事をどのように両立させていくのか、今後の展開が非常に楽しみです。

赤ちゃんの育児は、夜間の授乳や寝不足に耐えながらも、生後3ヶ月頃になると少しずつ慣れ、赤ちゃんの顔にも表情が現れ始め、愛おしさが増す時期です。しかし、愛助さんの忘れ形見である愛子ちゃんを引き取りたいという気持ちは、どんなに息子を愛していたとしても、許されないことです。

スズ子は愛助の遺影に手を合わせています。彼女にとって、愛助が健在だった日々、病気の愛助を看護した日々、戦時中の苦労があったものの、二人で過ごしたあの時が最も幸せだったと感じています。愛助が亡くなった後も、愛助との子供である愛子と一緒に生きていくという強い決意をしています。トミは愛助の子である愛子を引き取りたいと考えていますが、スズ子は一人で育て上げる困難さを知りつつも、歌手としての活動を続けながら、母親としての責任を果たそうとしています。トミもそれを理解しており、可能な限りのサポートを提供することで、良好な関係を築いてほしいと願っています。二人は愛助を愛した者として、互いに理解し合えるはずです。トミも愛助の最期を看取った人として、愛助の気持ちを深く理解しているでしょう。

村山家の跡継ぎとして愛子を望むトミの考えは、血縁に基づくものかもしれませんが、少々都合の良い話に思えます。スズ子は必死に育児と歌手活動をこなしていくでしょう。そして、「東京ブギウギ」の放送が楽しみです。

実際には、笠置静子は村上家への養女縁組や金銭的な援助を断り、亡き夫が残した貯金のみを受け取っています。

しかし、ドラマの展開はどうなるのでしょうか。

「らんまん」と同様に、スマートフォンがあればと思うことがあります。戦争があり、敗戦後の困難な生活の中で、人々は逞しく生きていたのですね。

トミさんが愛子ちゃんを抱く笑顔の写真を見ました。愛助が生前にいくつかの確執があったにもかかわらず、スズ子とトミさんはお互いを受け入れ、仲良くなり、互いを認め合うことを願っています。

あと2ヶ月で「ブギウギ」が終わってしまいます。もう一度、六郎、お母さん、小夜ちゃん、寮のおじさんやおばさん、おでん屋のおじさんに会いたいです。

今回の朝ドラは非常に短く感じられます。もうすぐ終わると思うと、信じられないほどです。本当に半年間だったのでしょうか。それほどまでに面白かったのでしょう。

子供を奪いに来ると思っていましたが、予想通りの展開です。

愛助をあんな状態にしておいて、どのような顔で来るのか、無理矢理引き離して結果として弱々しくなったことに対して、本当にどのような顔で来るのか、見ものです。

泥沼の展開になるのでしょうか。

孫を引き取らせてほしいと願う婆さまの図々しさは、どこまでも行くのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました