朝ドラ「ブギウギ」笠置シヅ子さん、出産と死別のタイミングは史実とは違う

ブギウギ

笠置シヅ子さんの実際の生涯とドラマの描写には違いがあります。ドラマ『ブギウギ』においては、スズ子が出産するとほぼ同時期に愛助がこの世を去り、その数日後にスズ子は山下から愛助の訃報を受け取ります。一方、実際には、笠置シヅ子さんが出産する前に、彼女の婚約者は既に亡くなっており、その翌日にはその悲報が笠置さんに伝えられました。愛する人の死を悲しむ中、笠置さんは一人で出産に臨みました。

今朝は涙が止まらない一日でした。

山下さんが、スズ子さんに愛助さんの分も生きてほしいと伝えた言葉は、これまでで最も幸せな瞬間の写真や、最後の力を振り絞って書かれた手紙と共に、スズ子さんにとって大きな支えとなりました。手紙の一文字一文字からは愛助さんの深い愛を感じ取ることができ、それがスズ子さんに前向きに生きる勇気を与え、最後の幸せな夢を見させました。夢が現実であればどんなによかったでしょう。せめて、最後に一度でも会うことができれば、結婚することができれば…

これ以上の辛い週はないだろうと思いますので、来週は悲しみを乗り越え、力強く生きるスズ子さんを応援したいと思います。山下さんの励ましの言葉も、愛助さんを失った悲しみを乗り越えて前に進もうとするスズ子さんの姿も、心に深く刻まれます。来週以降も、スズ子さんがどのように立ち上がり、愛助さんが残した子どもたちのために生きる姿を見守りたいです。

笠置さんが亡くなった後に出産を迎えたことを知りました。どんな状況でも避けられない出産でしたが、無事に子どもが生まれてきて本当に良かったです。母親の強さを改めて感じます。ドラマの展開も、予期せぬ出来事が起こることはありますが、不自然さを感じることはありませんでした。特に、水上恒司さんが愛助さんの最後の手紙を書くシーンや、趣里さんの今日の無言の演技には心を打たれ、涙が止まりませんでした。そんな中、山下ジイ&坂口ペアや羽鳥先生とその奥様が心配する姿や、マリさんの言葉が印象的でした。「スズ子さんがあなたを必要とする時が必ず来ますから、今は会わないほうが良いですよ」という言葉は、深い思いやりを感じさせます。

来週は梅吉父ちゃんの久しぶりの登場もあり、また楽しみにしています。

山下さんがスズ子さんだけではないと涙する姿には、自分も涙が止まりませんでした。愛助さんの手紙がスズ子さんに生きる力を与えたこと、縁側で親子三人がシャボン玉を眺める幸せなシーンは、心温まるものでした。

予告で梅吉さんが愛子さんを抱いている姿を見て、ほっとしました。そして、いよいよ「東京ブギウギ」のシーンが登場しますね。

笠置シズ子さんの名前を間違えたこと、申し訳ありませんでした。

朝からの放送で、愛助さんの笑顔が印象的で、余計に涙が溢れました。来週は「東京ブギウギ」の誕生を迎え、その明るい曲に込められたさまざまな思いを新たに感じています。

愛助さんの最後の手紙を書くシーンでは、手紙の内容が意外としっかりしていて、鉛筆を握るのもやっとな感じが伝わりましたが、心を込めた手紙であることが伝わってきました。

足立さんの脚本は、コミカルとシリアスを織り交ぜたジェットコースターのような展開で、初見ではその速さについていくのが難しいですが、何度も見るうちにその魅力が分かってきます。特に、趣里さんのシリアスな演技が素晴らしく、一粒で二度美味しいと感じさせます。

「東京ブギウギ」は戦後の日本に勇気を与えた曲であると同時に、それ以上の大きな意味を持っていたことが、ドラマを通じて新たに感じられました。余程の覚悟がなければ、あのパフォーマンスはできなかったでしょう。

趣里さんと山下役の近藤さんの演技には、本当に心を打たれました。これからも、二人が支え合いながら「東京ブギウギ」に辿り着く姿を見守りたいです。

人は生まれてから死んでいく過程の中で、その儚さと逞しさを見せてくれます。これを15分の中で表現するスタッフと俳優陣の力は本当に素晴らしいと感じます。赤ちゃんの生命力の強さにも心打たれますし、スズ子さんのこれからの姿も見逃せません。

ドラマの背後に隠された悲しい物語を知り、改めて人間の弱さと強さ、母親の強さを感じました。ドラマを通じて涙を流せる平和と幸せに、再び涙が溢れます。当たり前のように思えることが、決して当たり前ではないということを改めて実感しました。

近藤芳正さんの演技力の高さには、本当に感心させられます。朝ドラや大河ドラマでの多彩な役柄をこなす姿は見事です。実在の人物をモデルにしたドラマでは、史実を忠実に再現することが難しい場合もありますが、ドラマが終わるまで実際の事実を知りたくないという気持ちもあります。

このドラマは本当に見応えがあり、忙しい中でも時間を作って見る価値があると感じます。毎日録画して、総集編がゴールデンタイムに放送されることを望んでいます。ドラマでは理想的な生活が描かれますが、実際にはもっと厳しい状況で生活していたことも想像されます。

ドラマの展開がどのように進むのか、これからも楽しみにしています。ラストシーンの幻想的な表現は特に印象的で、悲しみの中にも清々しい気持ちにさせてくれました。来週も心躍る展開が待っていることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました