朝ドラ「ブギウギ」藤間爽子(ふじま さわこ)が演じるスズ子の幼なじみタイ子

ブギウギ

藤間爽子が演じるのはスズ子の幼なじみであるタイ子です。スズ子がまだ鈴子(澤井梨丘)だった頃に同じ小学校に通い、卒業後に「梅丸少女歌劇団(USK)」へ進んだ鈴子とは別の道を歩んでいましたが、変わらず大親友の関係です。母親は芸者であり、タイ子もまた芸の道へ進みました。スズ子がエンターテインメントの世界に飛び込んでいったのに対し、タイ子は伝統芸能の世界へと歩みを進めました。

10月17日放送のシーンでは、才能がなくても努力を続ける姿に、「あきらめたら、そこでゲーム終了だ」というスラムダンクの名言を思い出しました。タイ子役は子役から成長しても、ほんわかした話し方が変わっていないようで安心しました。後輩役の伊原六花さんは、以前はほんわかしたアニメーター役だったのに、今作では厳しい口調の役が板に付いているようです。元々は高校ダンス部のキャプテンとして全国制覇した人なので、優しさと厳しさを併せ持つタイプなのかもしれませんね。

今作では、スズ子にとってUSKの同期とは異なる存在であり、彼女に憩いを与える重要な役割を果たしています。様々な場面で、スズ子に行動の指針を与えることが期待されています。また、彼女が日本舞踏の流派の家元であるという設定には驚きました。このドラマの中で、その姿を見ることができることを楽しみにしています。

ちむどんどんにも一瞬だけ出演されていましたね。名前通り爽やかで華やかさもある、素敵な女優さんです。今朝のタイコちゃんも子供時代から変わらぬおっとりさの中に落ち着いた女性らしさがあり、変わらぬ元気な鈴子ちゃんとの対比が微笑ましかったです。子供の頃から仲が良くて信頼し合っていて、お互いの道を極めようと歩み始めた若い女の子同士。これからも支え合う友情が見られそうで、楽しみです。

藤間爽子さんは、ドラマ「silent」でヒロインの親友役として印象的でした。そして、今回の「ブギウギ」では芸者見習いとして登場し、柔らかな空気感が美しく漂っていました。藤間さんは日本舞踊藤間流の家元を務めているだけあり、その佇まいはさすがです。どこかのシーンで一曲踊っていただけると嬉しいです。

藤間さんは子役からの流れでもっとも違和感なく受け入れられる存在です。彼女の穏やかでおっとりとした雰囲気は、しっかりとした芯を持ちながらも内に秘めた部分が溢れ出る感じの役者さんです。彼女の出演シーンはとても優雅でした。主役と周りの方々が安易な役作りを感じさせる中、藤間さんの存在に救われました。

藤間爽子さんは、ドラマ「silent」で主人公の友達役を演じていました。彼女のおっとりとした雰囲気が幼少期から受け継がれていて、とても良かったです。今後、彼女がどのように変化していくのか楽しみです。

それよりも、主役の趣里さんについてです。彼女は「イノセンス」で子持ちシングルマザー役を演じた時、実年齢よりも年を重ねて見えました。水谷さんや伊藤さんのお子さんがこんなに大きい年齢だとは思っていませんでしたが、「ブギウギ」では逆に幼く見えて、本当に素晴らしい女優さんだと感じました。

桜庭役の子役さんも、将来変身しそうに見えました。彼女は不思議に落ち着いた佇まいを持ちながら、プロの雰囲気を感じさせます。歌劇団の翼さんも同様で、プロとアマチュアの違いが明確ですね。今回はプロの方を役に起用しているため、表現に見応えがあります。

藤間さんは、二宮和也さんと多部未華子さんが主演の「マイファミリー」で重要な役を演じ、評判となりました。その他のドラマでも活躍し、上手な役者さんだと思います。

親が「成長してからおもろない!」と今朝でリタイアしてしまいました。はっきりとした人ですが、その事実には驚きました。私も、なんとなくそう感じています。

子役時代の演技がとても素晴らしかったからかもしれませんね。最近は、彼女の雰囲気に何かモヤモヤしたものを感じます。

趣里さんの関西弁も、なんだか後付けのような感じで、かなり違和感があります。上手な女優さんなのに、もったいないと思います。

べっぴんさんの芳根さんも同じですが、やはり関東の人の大阪弁は不自然です。

なぜ大阪のドラマに関西人を起用しないのかな?本場のパワーは違いますよね。

たい子ちゃんの芯の強い登場が素晴らしかったです。すずちゃんも芯が強く、才能を続ける意思を持っていると言っていました。久しぶりに次回が気になる朝ドラで、朝起きるのが楽しみです。

「こっち向いてよ向井くん」で婚活疲れの女性役を演じていました。特別美人とは言えませんが、品があり感じが良く、向井くんとこの子と結婚しちゃえばいいのにと一瞬思いましたね。おばあさんは歌舞伎界に縁の深い藤間紫さんで、二代目市川猿之助と再婚したため、香川照之とは縁戚関係ですね。

スズ子は大阪の歌劇団から全国的に活躍するストーリーになると思いますが、親友のタイ子は芸者のままでしょう。

少しずつ接点がなくなっていくのではないかと思います。藤間さんの出番も減るかもしれません。

記事はリアルサウンドで、演者を過剰に持ち上げる表現が見られます。リアルサウンドは批評や批判的な視点を持つことには興味がないようです。

「こっち向いてよ向井くん」でのゲスト出演時には、素敵な女優さんだと思いました。朝ドラでの演技も楽しみです。

民放ドラマからNHKへの起用により、全国的に知られる俳優さんも増えてきました。視聴率の低下が問題視されることもありますが、NHKの影響力は大きいです。

朝ドラでは「ひよっこ」で、アパートの大家である富さんの若い頃の役で日本舞踊を披露していました。ただ1話の出演でしたが…

全く知らない女優さんですが、主人公の娘の親友役という脇役だったけれど、その後吉岡里帆さんのように成り上がっていく可能性もあるのではないでしょうか。

あちこちで出演されているけれど、なぜか気になっていました。そういうことだったのかと、納得がいきました。

芸能界では目立たないが、透明感があり、このような女性が一番モテる。 着物姿が似合うのも納得だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました