朝ドラ「らんまん」綾からの手紙で触れられなかった竹雄はショックで?

らんまん

NHKドラマ『らんまん』第42話では、増税に苦しむ酒蔵「峰屋」の様子が描かれた。政府の課税政策が原因で、造石税によって酒蔵が苦しむ中、当主の万太郎は実家の綾や祖母のタキに想いを寄せる。タキは歳をとって役人の横暴にも「そう」の一言で済ませるようになっていたが、万太郎からの手紙に喜びを感じる。物悲しさも感じられる作品の中で、幸せな日々を過ごすことを願うタキの姿が描かれた。

このドラマは、万太郎の人生と近代化の歴史的背景を上手く結びつけたストーリーがわかりやすく描かれています。万太郎の苦難や喜び、そして彼が人々に与えた影響について深く掘り下げられており、視聴者は彼の人生に感情移入できます。また、このドラマでは、当時の社会情勢や文化的背景なども詳しく描かれており、歴史的な知識を深めることができます。さらに、悲しい出来事も、朝ドラに相応しいアレンジで表現されているため、毎朝楽しみに視聴できるドラマです。視聴者は、万太郎の一生を通じての成長や変化を見届けることができ、感動的なストーリーを楽しむことができます。

タキさんは昔と違い、すっかり弱ってしまい、丸くなってしまって、関心が万太郎のことだけになってしまいました。役人たちの横暴なやり方に対しても、ただ「そう」と一言だけ言ったものです。綾も小さくなったおばあちゃんの背中をさすっていました。寂しさを感じたかもしれません。綾は当主として厳しい状況にあります。まだ大奥様全盛期のように、役人たちの横暴さを黙らせる貫禄はありません。万太郎への手紙には、そんな状況を伝えず、ただ万太郎が東大研究室に出入りできるようになったこと、万太郎が研究に打ち込んでいること、東京で楽しく過ごしていることをおばあちゃんと共に喜んでおり、応援していることを伝えていました。 万太郎は、自分が雑誌を使って、植物学で世界を驚かせることを本気で決意していました。最後には、竹雄から「どこを探しているの?」とツッコミを受けたそうです。

彼が探していたのは、洗濯物の中でした。しかし、その中には峰の月は絶対に含まれていなかったそうです。

本日放送された内容は興味深く、峰屋の置かれた状況や当時の出来事について多くの情報が紹介されました。峰屋がどのような状況に置かれていたかを知ることで、その後の経緯や事件の真相について深く理解することができます。また、当時の出来事についても詳しく解説がされており、当時の社会背景や風潮を知ることができました。

ところで、田邊教授には英語で話しかけたらいいのではないでしょうか?英語で話すことを喜んでくれそうなのにと思いますが、万太郎は日本語で話しかけています。万太郎は学校に行ったり、英語教師についていたわけではないので、文章の読み書きはできますが、英会話力は継続しなかったのかなと想像しています(子供のころはスラスラ話せたのに)。教授がシェイクスピアに興味を示してくれたことで、万太郎のお仲間との社交力が生きましたね。

このドラマでは、峰屋が重税に苦しむ描写があるかもしれませんが、実際のところ、牧野氏の散財により、峰屋の実家の酒屋は倒産してしまい、他人の手に渡ってしまいます。もっとも、この状況は当時の多くの家庭にとって珍しいものではありませんでした。実際、峰屋の家族は、倒産後も努力し、再び酒業に復帰することができました。このような試練を乗り越えた家族の努力と粘り強さを描くことが、このドラマの魅力の一つであると言えます。

綾さんがお金持ちのお婿さんをもらうことが必要かもしれませんね。武雄さんは東京に行っているので、そちらで結婚する可能性もあります。綾さんの両親は、彼女が結婚する相手には高い要求を持っているようです。彼女が幸せになるためには、自分の幸せよりも家族の意見を優先することが必要かもしれません。また、武雄さんとの距離が離れすぎているため、綾さんが他の男性と出会う機会が増え、新しい人生を始めるためにも検討することが必要かもしれません。

手紙 綾より。

竹雄のことも少し触れてほしかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました