朝ドラ「ブギウギ」羽鳥善一役の草彅剛さんの演技について語ろうじゃないか

ブギウギ

羽鳥(草彅剛)の重要性を忘れてはいけません。彼は戦時下においても、音楽の力を深く信じていました。彼が陸軍の報道班員として上海に赴任した際、日本と中国の合同音楽会の準備に取り組みました。その中で、中国人作曲家の黎錦光(浩歌)が作った「夜来香」に、羽鳥はアメリカのブギウギのリズムを取り入れるという斬新なアイデアを提案しました。これは、音楽の新しい可能性を模索し続ける彼の姿勢を示しています。スズ子やりつ子と同じく、羽鳥も上海で音楽と真摯に向き合っていたのです。彼は、音楽は自由であるべきだという信念を持ち、それを誰にも奪われてはならないと強く思っていました。

羽鳥の心情を巧みに表現する草彅剛氏の演技技術について記述したいと思います。上海での拘束時に見せた表情は、家族には見せたくないようなものでしたが、帰国後、誰にも知らせずにスズ子や茨田りつ子の舞台を静かに、そして優しく見守る彼の紳士的な姿は印象的です。日常では、テレビで見る限り、明るく話好きな一面を持っています。これは家族向けの表情かもしれませんね。

草彅剛氏は多くの役柄を演じ、その顔つきの表現の幅広さは見る人を惹きつけます。テレビに出演するたびに、彼の俳優としての実力を感じさせます。彼の表情豊かな演技には、強い存在感があります。

羽鳥と茨田りつ子、福来スズ子が手を取り合うシーンでは、戦争の終わりを感じさせる感動的な瞬間でした。彼女たちも素晴らしいですが、草彅氏の陰で支える存在感は特別なものです。ドラマでは、麻里さんが小さな子供を抱え、戦争を乗り越える強さを見せました。羽鳥の指導する姿と家族に見せる表情の違いを楽しんでいます。

羽鳥と家族の再会シーンは心温まるものでした。赤ちゃんが泣き出すタイミングで、羽鳥も涙を見せ、笑いと涙が交じり合ったシーンでした。麻里さんは東京に残り、家族を守っていましたね。羽鳥は上海で、もう戻れないかもしれないという不安を抱えていたのでしょう。しかし、無事帰国し、赤ちゃんが生まれた喜びは計り知れないものがあったでしょう。茨田りつ子、福来スズ子の公演も見ることができ、好きな音楽に再び触れる時代が来たことを喜んでいました。

SMAPから俳優への転身は容易ではなかったと思いますが、「ブラタモリ」のナレーションなど、彼の真摯な仕事ぶりや自然体の人柄が評価されています。作曲家としての羽鳥善一の今後の動向も見守りたいですね。

羽鳥先生が登場するシーンはどれも印象的です。ステージで指揮する姿にはカリスマ性があり、スズ子やりつ子の前では頼もしい先生の姿を見せます。また、奥さんの前ではチャーミングな一面を見せるなど、多彩な表情を見せてくれることが楽しみです。羽鳥先生が登場する限り、ドラマは最終話まで見続けたくなります。

草彅くんの演技は、その人のオーラが薄く、様々な役になりきることができる特徴があります。明るい役から暗い役、幸せそうな役から不幸そうな役、また表現豊かな演技からシンプルな演技まで、幅広い演技を見せてくれることが魅力的です。彼の演技を高く評価しています。

草彅剛さんの演技が単純なものだと考える人もいますが、よく観察すると、彼の演技には深い感情が込められていることがわかります。彼の表情だけで怒りや無力感、悲しみ、喜びを表現する技術は、他の俳優にはないものです。

日常生活では感情的な人は少ないですが、草彅さんの演技は自然であり、不自然な笑いや違和感を感じさせることがありません。与えられた役に自身を投影するような演技は、一流の俳優だけができることです。

SMAP解散後や事務所を変えて苦境に立たされたこともありましたが、彼らはアイドルとしての輝きを失わず、力強く成長しました。彼らのように演技ができる俳優は珍しく、キャスティングの巧みさが感じられます。登場する全てのキャラクターが愛おしく、素晴らしいです。

草彅くんの演技が棒演技だと考える人は、彼がこれまでに多くの演技賞を受賞していることに疑問を持つかもしれません。しかし、それは単なる忖度ではなく、彼の演技力の高さによるものです。ピカソの絵が幼稚に見えるという意見と同じく、草彅くんの演技を単純に見ることは、ドラマを真剣に見てこなかったことの表れかもしれません。草彅くんは、助演としての役であっても、主演の時や映画、舞台での演技では、その真価を発揮します。

羽鳥先生は「ブギウギ物語」の重要なキャラクターです。草彅さんがその役を見事に演じることで、ドラマに緊張感をもたらしています。彼の存在感は際立っています。

羽鳥先生の妻麻里さんとの夫婦愛、スズ子やりつ子さんとの師弟愛、息子カツオくんとの親子愛など、彼が見せる様々な愛情表現は心温まるものです。

一方で、草彅くんが元ジャニーズであるためにNHKに出演できるという見方もあるようですが、それは彼の実力を過小評価するものであると言えるでしょう。彼の多彩な才能と演技力は、ジャンルを超えて広く認められています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました