朝ドラ「ブギウギ」愛助、「わろてんか」とのリンク

ブギウギ

第81話が終わると、続く次週の予告が映し出されました。そこには、妊娠しているスズ子(趣里)が舞台上で演技をする姿や、カメラの前で撮影される様子が映されていました。また、手紙を握りしめたスズ子が、大きく膨らんだお腹に優しく手を置きながら「神様、どうか愛助さんを守ってください」と祈る場面や、何らかの衣服を強く抱きしめているシーンもありました。その後、病に倒れた愛助(水上恒司)が、力弱く「必ず病気を治して、スズ子さんとお子さんに会う」と語る声が流れ、その週の予告は終了しました。

「ブギウギ」と「わろてんか」のリンク。

辛い展開が進行していくのは、歴史に基づいているため避けられないことですね。予告で見せられた愛助さんの病床における変わり果てた様子は、彼の回復が望めないことを示唆しています。だからこそ、彼がいつこの世を去るのかが気がかりです。特に気になるのは、スズ子が愛助さんと最後に会話することができるのか、そして彼女が愛してやまない愛助さんの最期に立ち会えるのかどうかです。そうでなければ、彼女にとってはあまりにも哀れなことです。

ツヤや六郎との別れ以上に悲しい展開が予想されますが、それでも奇跡が起こり、愛助さんが桃のように復活し、スズ子とその子供に会える展開も想像してしまいます。

田村が週刊誌の編集長役を演じているかのようですね。トップスターの妊娠は当時、非常に大きな話題だったことでしょう。Youtubeで見た吉本せいの葬儀を伝える報道映画には、笠置シヅ子さんと娘さんの姿もあり、ナレーションでは「息子との結婚を許されなかった笠置シヅ子さん」と述べられていました。これが事実なのでしょう。

予告を見ると、愛助さんの死相のような表情や、赤ちゃんを産んだスズ子の姿が印象的です。歴史上では、愛助さんの死とスズ子の出産がこの順序で起こるのですが、ドラマではどうなるのでしょうか。出産は週末になるかもしれませんが、その前の週は困難が予想されます。

スズ子の人生を振り返ると、彼女は若くして大切な人を亡くしています。これは本当に辛いことですね。梅吉の再登場を願ってしまいます。彼にはスズ子を抱きしめてほしいです。

このような辛い展開でも、どのように描かれ、演じられ、視聴者に伝えられるかが非常に楽しみです。

先週と今週、愛助さんとの愛が深まっただけに、来週の放送は涙なしでは見られないでしょう。

愛の結晶、すなわち赤ちゃんがどのタイミングで生まれるのかも注目です。

ブギウギの初回放送でスズ子がシングルマザーになることが明らかになっていましたので、その瞬間がついに訪れたと感じます。これからの1週間が辛いものになりそうで、今から気分が沈んでしまいます。小夜ちゃんがいれば、どれほど良かったでしょう。

予告編を見て、その時がついに来たと感じます。愛助さんの衰弱した姿を見ると胸が痛みます。スズ子が一人で耐える姿は、小夜ちゃんさえいない部屋でのことでしょうか。

愛助さんが亡くなるのは避けられない運命のようです。これは涙無しには見られない最悪の展開です。スズ子は愛する人を次々と失っていきます。本当に悲しいですね。

しかし、これがただの脚本ではなく、史実であることを知ると、笠置シズ子さんの強さが感じられます。

スズ子の赤ちゃんが誕生するのは喜ばしいことですが、お父さんの愛助さんが赤ちゃんに会えないとなると、それは非常に哀しいことです。

これほど愛おしい人との別れは、スズ子にとっても、お母さんにとっても、そして私にとっても辛いものです。

ドラマである以上、史実に忠実でなくても、スズ子と愛助がハッピーエンドになるストーリーも良いと思いますが、愛助さんはやはり亡くなってしまうのでしょうか。

血のつながりはないとは言え、孫が生まれるのに、梅吉さんにはまだ知らされていないのでしょうか。彼に尋ねてきてほしいですね。

しかし、箱根の旅行では少し救われた気持ちになりましたね。

実在の人物に基づくストーリーなので、仕方のないことです。

次週のタイトルを見ると、そうなるのだと感じます。

トミさんについては、愛助の教育に関する責任を全て彼女に押し付けるのは、女性として、また一社長としても問題があるように思います。スズ子の妊娠には愛助にも責任があるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました