朝ドラ「らんまん」田邊教授のモデルは、牧野富太郎の天敵である矢田部良吉

らんまん

万太郎は植物図鑑を作るという目標を見つけ、植物学の雑誌を出すことを話し合う。一方、教授の田邊は「鹿鳴館」を開くための会合を開いており、寿恵子が菓子を届けに訪れる。

今回の放送では、田邊教授が万太郎の植物画を見つめながら、「神は私に幸運を遣わせてくださった」とつぶやくシーンが話題になっています。

田邊教授のモデルは、牧野富太郎の天敵である矢田部良吉とされています。田邊教授は、万太郎の才能を利用して自分の功績にしようとしているのでしょうか。もし史実に忠実な展開であるなら、次第に万太郎の存在を脅威に感じ、アイデアを盗んだりしてから、用がなくなると東大から追い出そうとするのでしょう。また、矢田部は西洋かぶれで多趣味であり、鹿鳴館のダンスパーティーにはまって教授の座を追われることになります。ドラマではどのように描かれるのか、楽しみにしています。

現代でも、教授の難しさには変わりがありません。たとえ純粋に植物が好きであっても、その道に進むことは容易ではありません。そんな中でも、前日の画工さんからの忠告には深い教訓があります。植物学に限らず、どの分野でも、自分が目指すものと逆方向に進むことは避けなければなりません。一方で、牧野博士のように、教授との決別を迫られた人もいます。彼が良いように利用され、植物学教室を追われた理由は諸説ありますが、彼が突き進んだことは、後世に多大なる影響を与えました。教授との確執は、彼の研究を深める励みとなったのかもしれません。

やっぱり雷が、田邊教授をものすごく悪い奴に見せてるよな。神は私に幸運をくださった。ピシャ、ゴロゴロと音を立てている。

こんなこと、世界制服を狙う天才科学者が長年かけてやっと完成させた極悪ロボットのお披露目の時にしか、あのタイミングで雷を呼び出せないものなのに。

言葉だけだったら、純粋に万太郎という才能に出会えた喜びから発した可能性もある。

運命の2人は出会ったというナレーションもあった。

どちらかというと、悪田邊でも善田邊でも楽しめそうだ。どちらが正しいのかはわからない。

田邊教授の授業では突然雷を鳴らす演出がありました。もし田邊教授が厳しい先生だったら、演出に対して「あの演出はなんやねん!」と不満を持ってしまうかもしれません。しかし、田邊教授はとても良い人で、演出についての説明をしっかりと行ってくれました。それでも、何かしら問題が起きる可能性があることは事実です。しかし、このような演出によって、授業がより興味深く、印象深いものとなったことは確かです。

モデルの方の人生を振り返ると、「いいように使われちゃうんだろうな」と感じます。教授は一筋縄ではいかない方かもしれませんね。

うーん、人の手柄を盗む人はどこにでも存在するものですね。 個人的な経験から、弱い立場にいる人は逃げることが勝ちだと思います。

万太郎の功績を自分の手柄にするために、どんな策略を考えているのでしょうか。

万太郎がピンチのとき、法律に詳しい助教授が助っ人に現れます!? まあ、このような演出は誤解を招く可能性がありますが、^ ^

ちょっと狡猾な演出ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました